キャリア設計のための基礎知識【ポイントを理解し取り組みが必要】

皆さんは、自分のキャリアについてどう考えていますか?

「大切なことなのはわかるが、ぼんやりとしか考えていない」という方がほとんどなのではないでしょうか。

自分の考えた通りにキャリアが進んでいくとは限りませんが、自分のキャリアについて考えておくことは必要です。

とはいえ、多くの方が「どのようにキャリアを考えたら良いのか」について悩んでいることも事実です。

そこで今回は、キャリア設計の基本について説明します。

これを読めば、どのようにキャリアを構築していけばいいのか丸わかりですよ。

広告

会社が人を雇う目的

キャリア設計について説明する前に、そもそも会社がなぜ人を雇うのか、その目的について確認しておきたいと思います。

会社というのは、利益を追求する組織です。

なので、なぜ人を雇うのかといえば、利益を生むのに必要だから、ということになります。

なので、従業員が生み出す価値が、従業員を雇うコストより大きくなければ、人を雇う意味がないのです。

これは、少し考えればわかることですね。

だからこそ、あなたはビジネスパーソンとして、より多くの価値を生み出せる人間になる必要があります。

それはなぜでしょうか?あなたが人を雇う立場となって考えてみてください。

たくさんの利益を生み出せる人材と、コストしかかからない人材だったら、どちらを取りますか?

よほどの理由がない限り、たくさんの利益を生み出せる人材の方を取るのではないでしょうか。

このように、たくさんの利益を生み出せる人材は、たくさんの会社から必要とされるのです。

あなたがビジネスパーソンとして、より多くの価値を生み出せる人間になる必要がある理由は、そうすれば会社の利益が上がり、あなたを「ほしい」と思ってくれる会社が続出するからです。

会社は利益を追求する組織で、その利益を出すために人を雇います。

なので、あなたはより多くの価値を生み出せる人材となり、会社から必要とされる存在になる必要があるのです。

キャリア設計のポイント

キャリアについては、大体の方向性を決め、それに沿った決断を下すことが重要になってきます。

特に、これからは転職が当たり前の時代となってくるので、変化を見据えたキャリアプランの構築が重要になってきます。

そうはいっても、どのようにキャリアを設計していったらいいか、というのがよくわからないのではないでしょうか。

ここで、キャリア設計をしていく上で必要となってくるものについて説明したいと思います。

キャリア設計をしていく上で必要となってくるものとは、ズバリ学び続けることです。

いいキャリアを築くには、学び続けて自分のスキルや能力を磨く必要があります。

スキルや能力がしっかりしていれば、仮に転職をするとなったとしても、非常に有利になります。

自分が中途採用の面接官になったと思って考えてみてください。

一人がスキルのある26歳、もう一人がスキルのない26歳だとしたら、どちらを採用しますか?

また、一人が能力の高い24歳、もう一人が能力の低い24歳だとしたらどうでしょうか?

いずれも前者を採用するという選択を取ると思います。

とりわけスキルは、能力があることをパッと見せるのに非常に役に立つのです。

より良いキャリアを設計していきたいのであれば、スキルや能力に投資し、学び続けることが必要なのです。

キャリアは、変化も見据えて大体の方向性を決め、それに沿った決断をすることで構築されていきます。

そして、より良いキャリアを築くためにはスキルや能力が必要なので、学び続けることが絶対必須となってくるのです。

早い段階でやっておくべきこと

そして、自分の望むキャリアを進んでいくためには、早い段階でやっておくべきことがあります。

それは、「複数の職業で応用できるような実用的なスキルを磨く」ことと、「興味のある業界の中から関連する仕事を1〜2つ選び、それに集中する」ことです。

それぞれについて説明します。

まず、「複数の職業で応用できるような実用的なスキルを磨く」ことについてです。

これは、変化を見据えた戦略といえます。

また、たとえ転職をしなかった場合でも、こういった汎用的で実用的なスキルは、会社において活きてくるものです。

では、一体どういったものを学べばいいのでしょうか。

具体的に例を挙げるなら、マーケティング、Webサイト作り、簿記などです。

これらを行っている部署はどこの会社にもありますし、そういった部署についていない場合でも、これらのメカニズムは知っておいて損はありません。

これからの変化、そして会社内でのレベルアップを見据えて、「複数の職業で応用できるような実用的なスキルを磨く」必要があるのです。

次に、「興味のある業界の中から関連する仕事を1〜2つ選び、それに集中する」ことについてです。

これは、自分が現在思い描いているキャリアをより深掘りすることに当たります。

興味ある業界は各々異なると思いますが、関連する仕事についてよく知っておくことが、思い描いた通りのキャリア設計への近道となるのです。

より良いキャリア設計のためには、準備は早ければ早いほどいいです。

そして、早い段階で、「複数の職業で応用できるような実用的なスキルを磨く」ことと、「興味のある業界の中から関連する仕事を1〜2つ選び、それに集中する」をしておけば、望んだ通りのキャリアが設計しやすいのです。

仕事を選ぶ上で必要となる考え方

とはいえ、しっかりと思い描いたキャリアがあっても、選んだ仕事がそれにそぐわないものであるなら、キャリア設計はうまくいきません。

では、どのように考えて仕事選びを行えばいいのでしょうか?

多くの人は、仕事をする目的・キャリア設計の目的を「お金」だと言います。

しかし、キャリアでの成功を目指す目的は、「お金」だけではありません。

例えば、「この仕事がやりたい」という「好き」という気持ち、「この仕事をするのが自分に合っている」という「適性」など、仕事を選ぶ上で考慮できることはたくさんあります。

これらを総合的に加味して、自分に合った働き方ができる仕事を選ぶのが大切です。

仕事をする目的・キャリア設計の目的は「お金」だけではありません。

好きな気持ちや適性など、判断できる材料を総合的に考えて、自分に合った働き方ができる仕事を選ぶ必要があるのです。

まとめ

今回の内容は、以下の通りです。

  • 会社が人を雇うのは利益を出すため。
    なので、あなたはより多くの価値を生み出せる人間にならねばならない
  • より良いキャリアを設計するためには、学び続けることが重要
  • より良いキャリアのために、早い段階から「複数の職業に応用できる実用的なスキルを磨く」ことと、「興味のある業界の中から関連する仕事を1〜2つ選び、それに集中する」ことが必要
  • 仕事を選ぶときには、お金だけでなく、好きな気持ちや適性など、総合的な判断をすることが必要

しっかりとしたキャリア設計は、仕事での活躍の場を広げるだけでなく、自分の人生をも豊かにします。

また、人生の大半は仕事をしなければなりません。

だからこそ、キャリア設計が重要になってくるのです。

あなたも、キャリア設計について考えてみてください。

そして、行動を起こしてみてください。そうすれば、きっとこれからの人生が大きく変わると思います。

 

【Related】: 自己啓発記事まとめ【学生やビジネスマンみんなに見てほしい話】

広告