周囲を惹きつける会話方法を知ってますか?

「初めての人とどう会話したらいいかわからない」「もっと会話を通じて周囲を惹きつけたい!」とそんな不安や希望を持っている人はいませんか?実は、周囲を惹きつける会話には、正しい方法があったのです。

今回は、周囲を惹きつける会話の方法について、4つご紹介します。

これを読めば、会話を通じて周囲を惹きつけられ、苦しい沈黙からも脱却できますよ!

広告

前のめりで聞くが、ダメなら早めに切り上げる

周囲を惹きつける会話の方法1つ目は、前のめりで相手の話を聞くが、ダメなら早めに切り上げることです。

具体的にいうと、相手の話を「もっと聞きたいオーラ」を出してしっかり聞くが、どうしても興味を持てないなら会話を諦める、ということになります。

相手の話に「もっと聞きたいオーラ」を出すためには、前傾姿勢で聞くことが鉄則です。

目は開き、時折相槌を打ったり、質問をしたりすることも大切です。そうすることで、相手は「自分の話に興味を持ってくれている」と、自分に対して好感を持ってくれます。

相手の話に興味を持つ

では、どうしても相手の話に興味を持てない場合にはどうすればいいのでしょうか。方法は3つあります。

1つ目は、「一つでも興味のある話を引き出せたら、自分の会話レベルが上がる」と特訓のように考え、そのまま話を聞き続けること。

自分は大変ですが、相手のペースを崩しにくい方法です。

2つ目は、会話のトピックは自分が決めることで、相手に会話の全体像をまかせない方法です。

相手のペースは乱してしまいますが、こちらには負担が少ない方法です。

3つ目は、会話中の出家です。

どういうことかというと、会話をしながら心を平常心に保ち、心の平穏を目指す方法です。話を聞き続けているという点では1つ目の方法と似ていますが、トピックを引き出そうとしていない点で、1つ目とは異なります。

興味のない話題だった時でも、まずは前傾姿勢でしっかり話を聞くことが大切です。それでも興味が持てなければ、特訓と考えるか、トピックを自分で決めるか、出家するか。自分の好きな方法・その場でできそうな方法で対処しましょう。

内容以上に「話し方」に気を付ける

周囲を惹きつける会話の方法2つ目は、話の内容以上に、「話し方」に気を配ることです。話し方に気を配ることによって、相手の心を開きやすくしたり、マナーのある紳士淑女だと思われたりするのです。

なぜ、話の内容以上に「話し方」に気を配る必要があるのかというと、人は話し方によってとっつきやすくもとっつきにくくもなるからです。端的に言ってしまうと、話し方によって印象が変わるのです。

ここで少し想像してみてください。

目の前に人が2人います。

一人は、笑顔が爽やかでいつもニコニコしている人、もう一人は無愛想で不機嫌そうな人です。

あなたは今からこの2人のどちらかに話しかけなければなりません。さぁ、どちらに話しかけますか?

多くの人はニコニコしている人に話しかけると思います。無愛想な人にはちょっと話しかけづらいですよね。話し方も同じで、こちらがイライラしているように話すと、聞き手は不快になります。逆に、こちらの話し方が楽しそうだと、相手も「話しやすいな」と思ってくれるのです。

とっつきやすさによって、周囲を惹きつけるかどうかは変わってきます。

なので、話の内容以上に「話し方」に気を配り、相手を楽しませる配慮が必要なのです。

沈黙が続くときの対処法

周囲を惹きつける会話の方法3つ目は、沈黙が続くときの対処法を身につけることです。

沈黙は誰にとっても恐ろしいものです。会話が続かずシーンとするあの空気……辛いですよね。

沈黙が続くときの対処法は何なのでしょうか。1つ目は、こちらから話し始めることです。相手も沈黙が続く空気に戸惑っているはずですから、こちらから先手をとって話しかければ、相手も安心します。

沈黙が続くときの対処法2つ目は、笑顔で話をし、楽しそうな空気を出すことです。

先述の通り、沈黙は誰にとっても気まずいものです。だからこそ、笑顔で周囲の雪解けを促すことによって、自然と会話が復活するかもしれません。

沈黙が続くときの対処法3つ目は、自分の心を落ち着かせることで、相手の精神状態も落ち着かせることです。

沈黙が続いているとき、少なからず相手はピリピrしているのではないでしょうか。「どうしようどうしよう」と考え、緊張しているはずです。

そこに、こちらが落ち着いた状態になることで、相手に落ち着いた感情が伝播します。自分が落ち着くことで、相手を落ち着かせる技術です。

どの方法を使うにしろ、大切なのは、「沈黙の空気を破って場を和やかにする」ことです。それができれば、周囲を惹きつけることができます。

全員が会話に参加できるよう配慮する

周囲を惹きつける会話の方法4つ目は、全員が会話に参加できるよう配慮することです。

もうちょっと付け加えると、その会話の参加者全員に、敬意と関心を払う必要がある、ということです。

例えば、自分がパーティなどで居心地が悪そうにしているときに、話題を振ってくれた人についてどう思うでしょうか?きっとその人に対して好感を抱くことでしょう。

同じことを、会話の場面においてするのです。居心地が悪そうで、話し相手を必要としている人に対して会話を振って、その人を会話の輪の中に入れてあげるのです。そうすることで、相手から好感を得ることができます。

ですが、誕生日パーティなど、特別に尊重すべき相手がいる場合には、話が変わります。こういった場合「本日の主役」に絶対的に気を配らなければなりませんよね?

会話の空間によっては、「誰かのために設けられた空間」というのが存在します。こういう時は、その場が誰のためにあるのかを考えて、気を配る優先順位を決めましょう。

では、どう頑張っても、こちらが「居心地が悪い人」になってしまう場合にはどうすればいいのでしょうか。

答えは簡単です。早々と帰ってしまう。それだけで大丈夫です。

周囲を惹きつける人は、その場が誰のためにあるのか見極め、「本日の主役」もしくは「話し相手を必要としている人」に効果的に話を振っていきます。こういったことができる人は、とても魅力的なのです。

まとめ

今回の内容は、以下の通りです。

  • 前のめりで聞くが、ダメなら早めに切り上げる
  • 内容以上に「話し方」に気を配る
  • 沈黙が続く時は、「こちらから話し始める」「笑顔を振りまく」「こちらの精神状態を変える」の3パターンを使いこなす
  • 全員が会話に参加できるよう、配慮する

特に初めての人との会話の場面では緊張しますが、それは相手も同じことです。

だからこそ、自分から話しかけたり、しっかりと相手の話を聞いたり、話し相手を必要としている人にサッと会話を振れたりする人を見ると、とても魅力的に感じます。

ならば、その「魅力的に感じるやり方」をそっくりそのままやってしまえば、あなたも周囲を惹きつける会話ができる人に早変わりできます。

これを読んだ人が、周囲を惹きつける会話ができる人になることを願っています。頑張ってください!

広告