人脈作りに大切なこと【仕事にもプライベートにも大切な話】

これからの時代において、人脈は必要です。

なぜなら、人が一生のうちに一人でできることには限りがあるからです。

また、優れた人から「学ぶ」ことで自分を成長させることができ、短期間で成功しやすくなるというのも理由として挙げられます。

これらから考えると、「どんな人と付き合うか」は「自分が将来どういう人間となっているか」と直結しているということになります。

こうなると、人脈を作らないわけにはいきませんよね?そこで、今回はこれからの時代の生きるための人脈の作り方について紹介していきます。

広告

これからの時代、一緒にいるべき相手とは?

では、これからの時代、どんな人と一緒にいるべきなのでしょうか?結論から言うと、「一緒にいて相乗効果を上げられる人」もしくは「自分より優秀な人」です。

限りある人生、いかに成長できるかが重要

では、なぜ「一緒にいて相乗効果を上げられる人」や「自分より優秀な人」と一緒にいるべきなのでしょうか?

人は一生のうちに一人でできることには限りがあります。

なので、より大きなことを成し遂げる場合であればあるほど、互いに強みと弱みを補い合って複数人で物事に取り組む必要があリます。「相乗効果を上げられる人」と一緒にいるべきなのはこのような理由からです。

また、優秀な人と一緒にいるべき理由は、一緒にいることで自分自身が成長できるからです。

優秀な人と一緒にいると、自分が気疲れします。ですが、その分、自分の頭になかったような発想がたくさん得られ、それらを吸収する機会も多いでしょう。

逆に、自分と似たような人と一緒にいるのは、人脈作りの観点からはおすすめできません。なぜかというと、相乗効果が上げにくいからです。

今現在の周りの人間を振り返ってみる

あなたの友達を想像してみてください。

おそらく、共通の何かを持っていることが多いでしょう。共通の何かを持っている相手とは、話していて盛り上がるので、それはそれでいいのかもしれません。

しかし、強みや弱みが似通っているので、お互いの弱みを補い合うことはできません。

また、強みが似通っていることで、強みを活かせない人が出てきてしまいます。これが、相乗効果を上げにくい理由です。

大きなことに取り組むには、自分の強みを活かし、自分の弱みを打ち消してくれる存在が必要です。もしかしたらそんな人と一緒にいて気疲れすることもあるかもしれません。それでも「相乗効果を上げられる人」や「優秀な人」と一緒にいる価値があるのです。

人脈を作るために意識すべきこと

人脈を作る際には、意識すべきことがあります。

それは「何のために人脈が必要なのか」と、「そのためにどんな人と出会えばいいか」です。

何事においても目的を意識することが重要

残酷な話ですが、「人脈を作る」という点で考えた時には、つながる人を選ぶ必要があるのです。

「何のために人脈が必要なのか」「そのためにどんな人と出会えばいいか」を意識する必要がある理由は、目的によって作る人脈が異なるからです。

そして、目的によっては、人脈を作らずとも、一人でできる可能性もあるからです。

例えば、自分がYouTuberになりたいとして、自分は動画の企画ができるとしましょう。

この時に、企画が得意な人ばかり集めても意味がありませんよね。ネタは大量にあるけど、編集できる人がいない……という事態に陥ってしまいます。

こういった場合、自分は企画ができるのですから、撮影や編集の技術を持っている人を探すのが基本です。

もしくは、学べそうなら自分で編集を学んでしまうというのも一つの手でしょう。

どちらにせよ、役割が似通った人を集めてもあまり意味がないですし、「集めたけど必要ありませんでした」は集めた相手に対して失礼にもなってしまいます。

自分が成し遂げたい目的を明確にすることで、より自分の目的に合った人脈を作ることができます。なので、人脈を作る際には、「何のために人脈が必要なのか」「そのためにどんな人と出会えばいいか」を意識するようにしましょう。

いい人脈を作るための方法

いい人脈を築くためには、正しい方法で人脈を築く必要があります。

正しい方法で人脈を築かなければ、頑張って得た人脈でも、欲しい結果につながらない場合もあります。では、いい人脈の築き方について紹介していきましょう。

きっかけはネット。相手をよく知り、自分からもGIVEする

まず、ネット上でつながるツールを持ち歩いておくことです。

今の時代、ネットが発達しているので、ネットを使えば誰とでも繋がれます。つまり、ネットが使えれば自分が必要としている人に出会える確率が格段にアップするのです。

次に、実際に相手に会う時にやっておくべきことについてです。

まず、会う相手のことを徹底的に調べましょう。これは、相手との会話を弾ませるため、相手に「自分に興味を持ってくれているんだ」と思わせる話をするためには絶対必須です。

また、徹底的に相手について調べることで、自分の弱みを補ってくれるという条件とマッチしているか確認することもできます。

続いて、実際に会った際には、相手の話をじっくりと聞き出すようにしましょう。

「まず相手の話を聞く」ことは、相手との信頼関係を築く上で重要です。

また、相手の話を聞き、相手のバックグラウンドに触れることによって、人脈のミスマッチがないかを再確認できます。

最後に、自分の強みをしっかりと説明するようにしましょう。相手が自分の人脈になるとは、自分も相手に貢献するということを指します。

相手が自分と組むメリットをしっかり説明し、相手に「こいつ、使える」と思わせなければ、こちらが恩恵を享受するだけの一方的な関係となってしまいます。

自分が逆の立場になったときに、そんな相手と一緒に仕事をしたいでしょうか?したくないですよね。いい人脈は一朝一夕では身につきません。

ネット上で誰とでも繋がれるツールを持ち歩き、相手と会うことになったら、相手について徹底的に調べる。

そして、相手と会った際には相手の話をじっくり聞き、こちらの強みを伝えることを忘れない。ここまで丹念にやって初めて、いい人脈が築けるようになるのです。

まとめ

今回の内容は、以下の通りです。

  • これからの時代、一緒にいるべきは「相乗効果を上げられる人」と「自分より優秀な人」
  • 人脈を作る時には、「何のために人脈が必要か」と「そのためにどんな人と出会えばいいか」を意識しておく必要がある
  • いい人脈を築くためには、「ネット上で繋がれるツールを持ち歩き」「相手と会う時は相手の話をよく聞き」「自分の強みを説明すること」が大切である

人脈は、何かを成し遂げるために作るものです。

だからこそ、闇雲に人を集めればいいというものではありません。自分の強みや成し遂げたい目的を理解し、それに合った相手と一緒にことを成し遂げる必要があります。

また、いい人脈を築くためには、様々な手間隙を惜しまず、相手を虜にすることが必要です。そのために、相手を知り、自分を伝える必要があるのです。

ですが、正しい目的を持って、いい人脈を築けたなら、あなたの仕事人生は劇的に変わります。

いい方向に進むはずです。人脈作りは大変ですが、しっかり人脈が築けたなら、大変さを遥かに上回る恩恵を得られること間違いなしです。

広告