目的/目標/問題/課題の違いとは【図で分かりやすく解説】

目的、目標、問題、課題・・・
なんとなくは分かるけど、説明しろといわれると困るな。。。
本記事では、上記のような疑問を解決します。
事例を挙げて紹介します。ぜひご覧ください。
広告

目的/目標/問題/課題の違いとは

ずばり、下記のとおりです。

 

具体例と合わせて見ると分かりやすいと思いますので、以降では1つ1つを具体例を交え紹介します。

※最後には具体例を含めた図も載せていますので、そちらを見てもらってもOKです。

目的

目的とは、何のためにそれに取り組むのかということです。簡単に表現すると最終的なゴールのことになります。

「目」に見えた「的」と考えればOK。

例としてここでは、「夏に水着姿になっても恥ずかしくない体になる」ことを目的においてみましょう。

目標

目標とは、目的を達成するために目指すべきところ、あるべき姿のことを言います。

「目」に見えた「標(しるべ)」と考えればOK。

例としては、「水着姿になっても恥ずかしくない体になる」という目的を果たすために目指すことを考えれば良いので、「体重を65キロに落とす」などですね。

問題

問題とは、目標(あるべき姿)と現状の乖離のことをいいます。

例としては、現状の体重が70キロであるなら、「5キロ痩せなければならない」になります。

課題

課題とは、あるべき姿と現状のGapを埋めるためにやらなければならないことです。

例としては、「食事制限、運動をする」などになります。

対策

対策は、課題を解決するための具体的な施策になります。

例としては、「大盛りは注文しない、20:00時以降は食べない、サラダから摂取する」や、

「通勤時に1駅手前で降りて歩く、エスカレーター・エレベーターは使わず階段を使う、自宅で筋トレする」などになります。

具体例を記載してみる

具体例を載せた図は下記のようになります。こちらのほうがイメージ湧きますかね。

最後に

違いは理解できましたでしょうか?

違いの理解ができたら今度は、それぞれを正しく設定する方法が気になるところですよね。

この記事をパワーアップ or 別途記事にするかを考え中です。

 

【Related】: 自己啓発記事まとめ【学生やビジネスマンみんなに見てほしい話】

広告